とうとうゴムのパンツをはく日が来た

実を言うと私は痩せていて、ゴムのパンツを持っていませんでした。

「お腹がきつくてゴムのパンツしか着られない」と言う人の話を聞いたことがありますが、どういうことだかピンと来ていませんでした。

大きいサイズのパンツをはけばゴムでなくてもいいのでは?などと生意気にも思っていたのです。

そして月日はたち私は歳をとりました。

だんだんと体形は崩れていき、ある日気がつきました。

(パンツが入らない…)

衣替えに時期を迎え、去年のパンツを出したところ、ことごとくきついのです。

ショックでした。そして何とかはいったパンツも、前かがみになるときつい。

椅子に座れないということが発生。

こうして私はゴムのパンツがいかに便利か悟り、いさぎよく、(いやいさぎは悪かったかも)ゴムのパンツに履きかえることとなりました。